ベリーショート

  • 2018.02.15 Thursday
  • 23:48

やっと新しいiphoneケースを買った。


久々にピンク。

ハリスツイードのピンクが可愛過ぎて。

手触り、質感ともに素敵で、使うたびに気分が上がる。

中身はごくシンプル。

ケース部分がハードタイプで、一瞬、「わ!苦手」と思ったけれど、

iphoneを外すときにそんなに困らず、

ぱちんと気持ちよく外れる。

 

本当は多機能なものも好き。

ミラーが付いていて欲しいと思ったし、

ハンドバッグタイプのストラップ付きがいいなと探したし、

お財布になるものにも魅力を感じた。

そのどれもがないけど、ハリスツイードの魅力を今回は取った。

甘くて可愛い、だけど大人が持っても許されそうな落ち着いたチェックのツイード。

春までこのチャーミングさを楽しみたい。

 

 

理想はいくつかiphoneケースを持つこと。

靴やバッグと同じくらいに使用頻度が高くて目立つものだから、

その日の気分や服装に少しくらいは合わせたいなと思ってしまう。

着せ替え好きなので、やっぱり日々の相棒iphoneも着せ替えして楽しみたいのだ。

気になるなと思っているものがいくつかあり。

 

 

 


GUでセールになっていたので、子供達にと買ったこのパジャマも

私にとってはとってもsweet。

娘にはアリス柄のサテン、

息子にはコットンの無地に黒で(本当はブルーが欲しかったけど)

胸元に一つ、王冠の刺繍。

たまたまだけれど、なんだか共通の世界観が表現されたみたいになって、

そこに勝手に甘さを感じて楽しんでいる。

 

 

 

ずっと気になっていたのに、そわそわ気分が落ち着かなくて、病院の予約も美容院の予約もとっていなかった。

それが先週、やっと息子の進路が決まって、それも希望のところだったので嬉しくて、ほっとしてすぐこの二つのことを思い出して。

連休明けにすぐ、会社帰りに医院に寄り、お薬をもらってほっとできた。

それから二日経ち、非番の今日、2ヶ月ぶりの美容院へ。

思い切り短くして、と頼んで美容師さんを驚かせる。

 

昔々乙女だった頃(笑)私の髪は長かった。

無精ゆえにというのも大いにあるのだけれど、当時の気持ちはとにかくロング!だったのだ。

それが今は断然ショート、それもとびきり短い髪がいい。

首が寒くて輪郭丸出し、頭蓋骨の形丸出しでも構わないの。

私の髪は異様に早く伸びる方だし、切り過ぎたって気にしないからと美容師さんにお願いしえ、どんどんザンザン切ってもらった。

伸び過ぎた髪が切り落とされるほどに軽くなって、気持ちがすっとしていく気がする。

髪に残った私の思念が、私自身を重くしていたかのようで少しおかしい。

でも案外本当にそうだったかもしれない、という気もする。

とても悩んで、迷っていた頃の私の部分が切り落とされれて、その分思考も想いも軽く、澄んできたからすごいと思った。

リセット。

いい意味で未来へ気持ちがジャンプしていく。

 

帰宅すると息子が進む施設の方からご連絡があり、正式な利用契約の日と説明会の日が教えられた。

1月は主に娘の予定がぎっしり詰まった忙しさだったけれど、2月はこの重い運命の分かれ目があり、3月はほぼ息子の予定でぎっしり。もう、3月の土日はほとんど埋まりつつあり、平日もすごい勢いで埋まっていっている。

 

大変・・・とは思わないで楽しんでいこう。

その大変さもきっと未来のラッキーにつながっていると思えるから。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM