週末は大忙し

  • 2018.08.25 Saturday
  • 23:55

ディズニーシーでは最初から、

自分にお土産を買う気満々ででかけ、


事前のリサーチで買うと決めていたものの一つがこれ。

今年ディズニーリゾート35周年で、

その記念かトミカもたくさん種類が出ており、

中でもこのシンデレラの馬車はぜひ欲しいと思っていたのだ。

とても可愛い。

中央につなぎ目があるから、もしかしてぱかっと開いて、

中にシンデレラが座っていたりするのかしらとドキドキしたけれど、

単なる接ぎ目というだけのものだった。

ですよねー。

でも1200円もするから、それくらいの工夫があるのかと一瞬期待しちゃったわ。

あはは。

 

 

今日も暑い。

できればあまり出かけたくないけれど、9月から息子が福祉喫茶に実習に出るので、そこへ一人で行けるよう、練習を重ねないといけないんだった、とため息を付く。

実習させていただけるのはありがたい。でも見知らぬ場所へ行く練習を親も一緒にしないといけないから、暑い季節は避けて欲しかったなあ、しくしくしく。

これも試練と諦めて朝から渋く耐え忍んでいたら、オットが息子と髪を切りに行くついでに、我が家から区の対極にあるその町への練習も二人で済ませてくると言ってくれたので、すごく嬉しかった。

ママたちは足が遅いし、体力ないし、正直足手まといだからさ、と言ったのは余分で、オットはディズニーシーで私が途中で根をあげ、休憩時間を余儀なくされたことと、好きなジェットコースター系に乗れなかったことを恨んでいるのだ。

言わぬが花っていう言葉があるよね。っていうか、考え方としてどうだろう、と首を傾げる。

 

スリル系の乗り物については私と娘はまるっきり苦手なので、男子チームでどうぞと前回も別行動にしたので、今回も当然そうだと思っていたのだが、今回なぜかそれを思いつかなかったらしい。オットの記憶は実によく飛ぶ。都合のいい方向に。

別に私は何も強制していないし、暑さにもともと弱いことも申告済み(っていうか結婚28年にもなるのだから、念をおさなくても理解していてほしい・・・そう思うことはそれほどにも贅沢なことなのか)、それでもなんだか私のことを責めたいんだね、というと、そんなことはない、ただ俺はその方が合理的だったと思うだけだと言う。

誰も否定していませんが・・・。

それにこのタイミングで言うこともないでしょう。器の大きさ、ってものについて考えだすと虚しくなるので、思考を切り替え、適当に聞き流してオットと息子を見送った。

 

彼が帰宅するまでの3時間が安らぎの時間だった。

娘と二人ゆったりと、それぞれが好きなことをしながら繋がっている感じで過ごす。効率よく家事を片付け、多少なりとも日記をつけたり、このブログ用の写真を整理、加工したりできて心が癒えた。

合わないペースにいらついても事態は改善されない。とりあえず時を稼いでやり過ごし、私自身が冷静になる。彼が自らを知らずに放出しているダークなうねり(一見明るいので始末に悪い)に巻き込まれないように注意を払う。

それが目下の私の幸せの秘訣だ。

 

麺を茹でるのが上手なオットが昼食に、私と娘が大好きな冷やしうどんと、彼と息子が大好きな蕎麦を茹でてくれる。

それを美容院の帰りについでに買ってきてくれたエビやイカの天ぷら、かき揚げと合わせて食べると美味しい。

それから家族でホームセンター2箇所を巡った。

車内に置いていたオットのスマホスタンドが壊れてしまったので、新しいものを購入することと、家族のペット、ピクシーシュリンプちゃんたちにふさわしいおしゃれで素敵な水槽を買うことが目的だった。

スマホスタンドは黒いものしかなく、白を愛するオットはちょっぴりがっかりしつつ、とりあえず機能性を重視してまあまあのものを購入。

私が欲しかった水槽はピンとくるものがなくて今回は購入を見送った。

そうしてあっという間に1日は終わった・・・・。

疲れて眠って目が冷めたら夕方の家事をして、始まった24時間テレビをなんとなく観る。

家族4人のまったりとした特別なことは何もない週末。

 

こういう日々が好きなのだ。

ちょっと時々、腹が立つことも含めて。ね。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM