手帳が届いた

 

早くも手帳、到着!

一言で言うならゴージャス。

変形B6サイズということで、大きさといい、カバーの厚みといい、

かなり存在感がある。

持ち歩かないけれど、


持ち歩くことにしたらいっそ、色々入れられて便利かも、と思えるカバー。

可愛いシールもついていて、

小さな部分も凝っている。

gorgeous&glamorous。

そしてエレガント。

シンプルに見えて実は凝っている中身もやっぱり好き。

来年も楽しんで日々の出来事を書き留めよう。

私なりに、丁寧に。

 

 

早速手帳が届いて嬉しい今朝は、実はもっとゆっくり寝坊すると思っていた。

何しろ昨日は通常にない運動量、そしてやはりかなりの熱を浴びたのだった。

午後2時過ぎにふと、体が重くなって足が動かしづらく、頭がガンガン痛んで来たのは、最初自分で、ランチにワインを飲んだからだと思っていた。ミニボトルくらいでそんなになるとは、普段の自分なら思いにくいが、普段と違う行動をしている今日は酔いが変に回ったのかもしれない。喉がひどく乾くのも、お酒を飲んだ後にはあることだから、と思ったけれど、どうにも辛い。

暑い。

先を急ぐオットに泣きついて、お茶を買い、座りこんで休んだ。何かふらふらする感じがしたが、冷たいお茶に喉が潤い、日陰で少し休んでいたらもう大丈夫と思えて、その後も歩き続けた。

でも今思うと、あれは熱中症になりかけていたのだと思う。

というのも、その後も私は普段の6倍ほどの水やお茶を飲み続けたのに、トイレにはほとんど行かなかったのだ。

いつもはすぐトイレに行きたくなるのにね。

体の調子を整えなくてはならない。睡眠も十分に取らなくては。そう思っていたのに、やっぱりそう寝坊はできなかったあたりに、歳を感じる。

 

よかったのはオットもやはり早く起きてしまって、その分、棚上げしていたBlu-rayレコーダーの改善に取り組めたこと。

オットと二人で協力して、魔界のようになっていたテレビ裏の掃除および整理に取り組んだ。

今となってはなぜそんなことにしてしまったのかオット自身にもわからないようだ。とにかく一つ一つのコードが鬼のように長い。コードを収めるボックスだけはなぜか二つも買っていて、なのにそれに全くコードが入らぬまま、ただテレビの裏に置いてあった・・・という不可思議さ。

コードを一つ一つ確認しながら適度な長さに巻き取り、ボックスにおさめる。

ずっとこれをしたかったので、今日できてよかったと本当に思う。しかしBlu-rayレコーダーは復活しない。

そこでメーカーに電話をし、オットは指示を仰ぎながらいくつかのコードを付け替えた。なんだか今までとは違う繋ぎ方になり、それで無事、Blu-rayレコーダーは復活!壊れたわけではなかったようだ。

繋ぎ方が悪かったと言う。

でも、今までそれでなんとかなっていたのはどうして?と私は不思議でならない。とりあえず、治ったのでもう追求はしないけれど。

 

歳月が経てばいろんな物事は変わる。

当たり前だけれど、考えてみれば不思議なことで、例えばもうスマホなしの生活は考えられないのに、数年前まで確かにそれは存在しなかったのだ。

今回のディズニーリゾートについても、5、6年前に行った時は、紙のチケットで、渋谷のディズニーストアの窓口で買い、ディズニーシーについてからはパスポートケースを買ってそれにチケットを入れて首にかけて歩き回っていた。

そう、ディズニーリゾートに行けば必ずと言っていいほど豊富に売られていたものの一つが、ありとあらゆるキャラクター、デザインで展開されていたディズニーパスポートケースである。

今回、それがなかった。

チケットはディズニーリゾートのアプリをダウンロードして買い、レストランやショウの予約も全部そのアプリで行った。

待ち時間などの予測もアプリでできた。

便利で、しかしあっという間にスマホの充電が消費されていくのは盲点だった。オットは途中、ホテルミラコスタの一回100円の専用充電器を使ってなんとか凌いだくらいだ。

次回行くには充電器必須である。

便利になるのは好き。でもどこか情緒的なものはなくなって行く気がするなあ。何につけても。

 

残念なのは休みなのにPTA仕事が入っていたことで、午後から私はまたママの顔をして、息子が通う施設の会議室で、役員の諸先輩がたに混じって会議だったことだ。

オットが車で送迎してくれたのでそれは楽でありがたかったし、秋に行われる施設でのお祭りについての打ち合わせは色々面白くて学ぶこともたくさんあり、よかったけれど、休みはあっという間に終わってしまった。

 

したいことより、するべきことをこなしているうちに日々は過ぎて、年取って行く。

そのスピードに負けず、やらされてる感にとらわれるより早く、自主的にどんな事態も楽しんでしまえ、と気持ちでは思う。

そうもいかない時は多いが、気合いを入れたい時には美味しいワインとチーズで面白い漫画などを熟読。

今月はアニメのおかげで読んでみた「はたらく細胞」にはまっているのだ。

白血球さん、がんばれ。私も頑張る。

 

でももうちょっと時間に余裕ができたらいいなあ。一人でのんびりダラダラしてみたいわ〜。
 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック