<< 冬の旅 | main | 雪の中の危機一髪 >>
チェーンは必須
夜通し、雪は降り続けていたようだ。
朝起きると、なお一層の銀世界になっていた。




とりあえず、朝温泉を楽しみ、

朝食の美味しさに感動する。


それにしても深い雪で、雪に慣れない都会ものの私達は綺麗…なんて言っているけれど、いざ出るとなると、相当気をつけなければ危険だと身を引き締めなおす。
昨日、車の前輪にチェーンを装着した以上の工夫はもう出来ないわけだけれど、とりあえずチェーンを巻いていれば、ローでゆっくり行くことを心がければ下り坂もなんとか行ける。
が、同宿のご家族…埼玉や川崎からいらした方々はチェーンを巻いておらず、小さいお子さん二人を連れたお若いご夫婦は、アマゾンで買ったスプレー…なんでもそれを吹き付けると、チェーンを巻いたのと同じ状態といえるくらい雪道も走行できる、というものだそう…を、吹き付けてきたから大丈夫だと思ったら大丈夫ではなかったとのこと。来る時でギリギリだったのに、こんなことで帰りはどうなるか、と管理人さんに相談していた。
相談された管理人さんも困っていたが、いざ10時のチェックアウト後出て行こうとしても、車が雪の斜面を登りも下りも出来ず帰れない様子を見て、見かねて麓のカーショップまでご主人を連れて行き、チェーンを買うのに付き合ったと後で聞いた。そうしてやっと帰られたのが午後2時だったというから、管理人さんはろくにお休みになれなかったらしい。

私達はもう一泊するので日中、出かけたのだけれど、道は混み、原因はとみると、車4台の軽い玉突き事故だったり、車が動かなくなり、車を押して動かしている人を何人か見かけたりした。
本当に皆、わからないのだ。東京から2時間ちょっとのこの場所が、こんなにも雪深くなり得るということを。


雪の中で立ち往生する車が起こす渋滞を回避しつつ、いつも立ち寄るお店へ。

お土産として差し上げるといつもとても喜ばれるラスクのお店。
ロゴも可愛いし、本当に美味しいラスクが何種類もあって素晴らしいのだ。

試食コーナーが充実しているので、食べて納得して買えるのが嬉しい。
友人達、会社の皆さんに、自宅用に。
子供たちもそれぞれ自分の所属する場所の親しい人たちにと、とてもたくさんのラスクを買った。
我が家はあまり旅行しないので、日頃、人からお土産を頂くばかりである。だならこういう機会に、是非お返ししたいと張り切ってしまった。


それからりんどう湖へ。

雪に閉ざされた湖がとても美しい。




雪の中のメリーゴーラウンド。
このりんどう湖パークのメリーゴーラウンドが、私は前からとても好きだ。
クラシカルできらびやかで、木馬たちに混じって
魚をくわえた猫!


中々にリアルなヤギ、


ピンと2本の耳を立てて勇ましい様子のウサギさんなどがいらっしゃる。
馬っぽい雰囲気を出しているところがいいではないか。端然と美麗にお仕事してらっしゃるか姿がとても素敵だ。



馬と鹿?その間に遠く、ダチョウさんまでが。

乗りたかったけれどあまりに寒いので諦めた。



移動するのには危険かもしれない。
でも雪景色には何度もハッとさせられ、見入ってしまう。
日常、何度も私はこんな景色を夢に見ている。
雪の降る静かな世界、真っ白な、本当にただそれだけの世界。
見ていると、心の中が良い意味でリセットされていくような気がするのだ。
冬の景色が、私はかなり好きだ。




ランチに夕食、と


かなり食べ過ぎてしまって、最近ダイエットでせっかく順調に痩せていたのに、元の木阿弥状態になっているだろうことは、雪景色でもリセットはできないだろうが…、今日もしあわせな旅の二日目だった。


ちなみに本日の宿泊客も皆さんもチェーン無しで来てしまって来る時に立ち往生し、大幅にチェックインが遅れたので、夕食も遅れたのである。

本日のお天気予報で那須は晴れとなっていたそうで、これには管理人さんもお怒りだった。

一つのご家族は行き道のあまりの困難さに、来ることを断念されたという。

大変だし、ものすのごく慎重に、怖い思いをしながらにはなるけれど、チェーンがあれば、なんとかなります。

那須湯本に来るときは、チェーン必須。
絶対絶対必要です!
かりん / 日々のつぶやき / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/905016
この記事に対するトラックバック