<< 雪の中の危機一髪 | main | 謹賀新年 >>
平成最後の大晦日

やはり自宅もいいもので、昨夜はぐっすり眠って、

今朝は少し寝坊もできた。
その後、最後の大掃除として、

我が家にただ一匹となった12歳以上になる金魚のための、

巨大な水槽を掃除。
もう何ヶ月もしていなかったので汚れが溜まり、

それがとてもストレスだったのだが、

ついにやり遂げることができて、とてもホッとした。

そして、午後にはまたドライブ。
昨年に続き、今年も娘が臨時巫女としてお手伝いをさせて頂く神社へ。

お陰様で今年もよい年でした、と

御礼のお詣りをすることができて、それもとても嬉しく思える。

本当に今年もよい年だった。
今年はなんだかたくさん、

「お母さん、本当にがんばりましたね」

と、労われることが多かった。


子供達が色々頑張ってくれたおかげである。

子らはあまり欲がなくて、割となんでもあるがままを受け入れ、

その時なりにベストを尽くして、

評価されたら嬉しいかな、というタイプなのだが、

ただ一つ、

ママとパパが喜んでくれたら嬉しい、

特にやっぱりママが本当に喜んでくれたらすごくいいな、

という気持ちを強く持ってくれている。

それだけに私は子らに影響を与えすぎないよう、

あまり私の願望を伝えず、

どんな形であれ、あなたが良いと思えるならママもそう思える、

ただただ幸せになってほしいとしか思っていない、

と伝えてきたつもりだ。

そう言われても、

彼らなりに別にどっちでもいいけど、

だったら、どうしたらママが良かったって思うかな、

くらいの判断基準に、私のことを考えてくれているように思う。

すくすくと育って、

優しい子で、欲がなくて、

その結果、無欲の勝利という感じで、

いつも良い結果を出せてきた。
その延長線上で

私が褒めて頂くことが多かった、という感じだ。

でも、母としてではない場所でも私は頑張ったつもりだ。

そんな部分も評価して頂けたのかなと感じるので、それも嬉しく。


何より家族皆元気で、

トラブルもなく過ごせたのだから、

本当に幸せだった。


宝くじも合計で、2万円分くらい当たったしね!

 


娘を送ったあと、境内をぶらついて、

昨年も気になっていたおみくじを引いてみることにした。

金色の「一年安泰みくじ」

金色の鯛を釣り上げるのだ!

息子が釣る。

こんな可愛い金色の鯛の尻尾におみくじが入っている。

結果は大吉!

でかした息子よ。

 

本当に良い1年だったし、

また来年もよく生きよう、がんばろうと思う。

 

たくさんの恵みに感謝するばかり。

そして、とこしえに世界が平和でありますように、

とただただ祈る。

 

本当に・・・色々なことに感謝している。

ありがとう。

 

思いはそれだけ。

 

どなたさまも、

どうぞ

良いお年をお迎えください。

 

かりん / 日々のつぶやき / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/905018
この記事に対するトラックバック