私ったら

  • 2019.01.05 Saturday
  • 21:25

娘が神社でのお仕事の最終日で、

またぞろ家族で早朝に、彼女をお勤め先の神社へ送ったあと、

ゴミ袋がないから、と100円ショップセリアに行った。

 

断捨離をめざしている女にとって

全てのおしゃれで可愛い物を売っているお店は魔物の住処だけれど、

セリアはまた、かなりやばいお店の一つと言っていい。

 

それでもここ最近は、本当に必要なものだけを買うところとして

そこそこ見て楽しんで通過できていたので、

新年初めての今日の訪店でも楽々クリアのつもりだったのだが。

 

はいっていきなりの食器売り場に目が吸い寄せられ、

足が止まる。


私好みの、ぽてりと厚めに、そして大好きな象牙色とブラウンの妙。

買ってしまった。

 

私が日々悶々と考える家の中で断捨離したいものの一つが食器だ。

可愛くて素敵なものをいっぱいもっているのは

自分が一番よく知っている。

結婚するずっと前から食器や調理器具などのキッチンウェアが大好き。

頂き物も多い。

が。

私を含め、家族は皆、いつも同じものを使っている。

収納のやり方がうまくいっていなくて、

結局、目につきやすく、取り出しやすい場所にあるものしか

使い回されていないのだ。

 

中でもカップの数は多い。

豆皿や盃はまだちょっとしたお惣菜入れに使うけれど、

デミカップ・・・茶碗蒸しでも入れる?

 

でも好きになってしまって、素通りできなかったのだ。


オットと息子用に桜の花。

梅かな?

 

iPhoneImage.png 

私のお気に入りはこの子。

菊かな。

娘とお揃いで。

こちらは母用に。

こちらが桜かしら。



底部分の、素焼き感も好き。

淡いピンクも可愛いのだ。

少し墨色がかっているところが好き。

盃はこの柄だけ。

豆皿。

 

 

新年早々、なんという挫折。

でも嬉しい。

可愛い素敵なお気に入りの子達と出会って

持ち帰る時の喜びはやはり格別。

買い物って楽しい。

 

断捨離断捨離で自分を縛って、心を苦しいほどに狭めたくもない。

けれどもちろんすっきりと、整理のついた家にはしていきたい。

 

その絶妙のバランスを探って今年も頑張っていこうと

そう思えた新年最初の買い物だった。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM