令和へ・・・

  • 2019.05.04 Saturday
  • 19:40

もう人混みも落ち着きつつあるんじゃないかと期待して、明治神宮を参拝させていただいた。

 檜の大鳥居が本当に素晴らしい。

 

令和という新時代の幕開けでいつも以上に清々しい空気が感じられる上、

恵まれたお天気、素晴らしい日取り。

そのおかげで、参拝のために滞在したわずかの間に、

美しいお嫁様を何人も拝見することができた。

なんて素敵な花嫁行列。

古式ゆかしくて、本当に美しい。

和装にも色々あるのですね。

なんて可憐で華やかな、可愛いお嫁さまでしょう、とうっとり。


今となっては角隠しがまたとても新鮮で。

凛とした魅力を感じます。

娘もいつか嫁ぐ日が来るのなら、

その時は神前式にしてほしいね、なんて思わずオットと囁き合ってしまう。

就活で頑張っていてここには来れなかった娘に申し訳ないけど、

クラシック音楽を学んでいて年に何度か舞台にたつから、

もうドレスは色々なのをいっぱい着てるものね。

明治天皇様もきっと、新しい時代の平和を望んでいらっしゃることでしょう。

令和の時代が本当に平和で明るいものになるように、改めて強く祈り、

ついでにその恩恵で子供の就活がなんとかうまくまとまりますようにと、

ちょびっと祈り。

御朱印をいただき、記念に家族にそれぞれ御守りを買わせていただいた。



オットがとても気に入った鈴。

本当に涼しく快い音がします。

夫婦でそれぞれ一つずつ。



こちら、めっちゃ直球な感じの就職成就のお守りは、

今年度中に良いご縁をいただいて内定を決めたい娘と息子に。

ほんと、ストレートだわ・・・効きそう。



平和と繁栄を心から祈って。

若く涼しげな容貌の美青年宮司様に書いていただきましたが、

お願いする時は書いてほしい頁をこちらで開き、お渡しするけど、

お書きくださった後、丁寧な所作で御朱印帳を閉じてお返しくださる瞬間、

ほんの一瞬ながら若き宮司さまが動揺したご様子になられてしまった。



先々月末から先月はじめにかけて川崎市民ミュージアムで開かれていた

竹宮惠子先生の画業50周年記念展「カレイドスコープ」にて

ゲットさせていただいた「地球へ・・・」の御朱印帳。

2日に箱根神社に行って記念すべき1頁目に御朱印をいただこうと思っていたら、

渋滞4時間で予定が押していけなかったので、本日仕切り直し。

明治神宮の宮司様、お驚かせしてすみません・・・

でも嬉しい。

横でオットが「本当にそれ、使うんだ・・・」とつぶやいていた。

勿体無いというより、なんだか度胸のことを言っていたように思う。

 

 

本当は私は、子供の頃からなんでも、

好きなものほど未使用でとっておくタチだった。

けれどゴールデンウィークのように私の人生ももうきっと折り返しを過ぎているから

(長生きするつもりだけれども!)

大事にとっておくよりどんどん使って楽しんだ方がモノとしての命は輝くと思うから。

眺めて写真に撮って保存して。

そうしたらあとは思い切りよく使い出します。

 

寺へ、ならぬ神社へ、なんていかにも年寄りくさいシャレは言いたくないんだけれども、

まさにそんな感じの今日も楽しく、機嫌よく過ごせたから、

 

就活で疲れてげっそり帰宅した娘の手にそっと、

今日いただいた御守りを握らせたのだった。

 


 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM