蜂の巣と福なる毛

  • 2019.05.08 Wednesday
  • 20:10


5年以上の雨ざらしですっかり劣化してしまったのだけれど、

庭のラティスにずっとぶら下げていたガーデンアクセサリー。

割れたそこいたから中をのぞいたら驚いた。

小さな蜂の巣の跡が。

 

確かに春先、庭のさくらんぼの木が、

街中のソメイヨシノたちよりうんと早い時期に、

 

満開の花を咲かせた頃、
確かにミツバチが早速うちの庭にきていると思っていた。

蜂は怖いといつも思ってしまうけれど、

スズメバチなどでない限り、こちらから攻撃しないと大丈夫だと聞くし、

季節は春だし。

様子をみていたらそのうち気配がなくなったので

もうすっかり忘れていたのだが。

なるほど、ここに巣を作っていたのか。

そしてなんらかの理由で(おそらく私たち人間があまりにうろうろするから)

やめて、出ていったのかな。

虫系は苦手でろくに直視もできないけれど、

上手に作っているものだなあと思いながら処分した。

 

その後、風水では蜂の巣は良いものとされていると聞いた。

よほど有害でない限り、そのままにしておいた方がいいそうな・・・

手遅れである。

 

そんな話をしていたら、我が家にもう一つの手遅れがあったことが判明した。

21才の娘が先日、左頬骨の上に色のない、長い細い毛が一本生えていることに気がついたそうだ。

若い娘が顔に長い毛。

産毛と言えるレベルではないものが、唐突に一本。

そりゃあ抜きたくなるでしょう。

でもそれは「福毛」と呼ばれる良いものだったらしい・・・

え〜〜〜〜。

抜いちゃったんだ。。。

思わず家族で黙り込んだ一瞬後、大笑いしてしまった。

 

どんな吉兆も無知な我が家にあってはかたなしである。

それでも懲りず神仏にはどうか我が家に福をもたらされたいと祈り続けよう。

今度は巣も捨てないし、

娘もなんとか福毛がもう一度生えないか祈るそうだ。

抜いた直後に就活チャレンジしていた会社からお断りメールがきたので、

今度は何としても伸ばすというが、それもどうだろう・・・

若い娘の頰に毛は良くないと、やっぱり思うのよ。

限りなく透明の、とても綺麗な不思議な毛だったけれど、

光の加減で見えてしまう人はやっぱりぎょっとするものね。

神様にも場所を選んで生やしていただけたらとお祈りしたい。

 

さて、こちらもまたまたガーデンアクセサリー。

ダイソーで買った手のひらサイズの可愛い子たちである。

小さいのに100円なのにしっかりしていて可愛い。

庭の小さな空間が私とオットの遊びの一つになっているので、

時折見つける可愛い雑貨はとても嬉しいのだ。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM