人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< のんびり土曜日 | main | 欲しいような欲しくないような >>

横浜スヌーピーと母の日と

本日、息子が卒業した特別支援学校高等部での

卒業生の参加イベント終了のあと、家族で横浜へ。

結婚して、最初に買ったマンションは元町から坂道を登って10分くらいのところ。

嬉しくて、その頃は横浜に一生骨を埋めるつもりでした。

その頃はまだこんなに発展してなかったけれど。

大切な大切な娘を授かった地でもあります。

中区の区役所に出生届を出して、

本当に嬉しかったなあ、あの時は。

昔よりも横浜はより、横浜らしく。

誰もが思う横浜のイメージに、

横浜が寄り添う形で完成していっているようにも思えます。



赤れんが倉庫の風情がまたとても素晴らしい。

 

そこで開かれていたスヌーピー・ファンタレーションという

スヌーピーとアートサイエンスのコラボという展示。

愛知工業大学の協力もあり、

いきなりスヌーピーロボットがお出迎え。

さまざまな作家さんが工夫を凝らしてつくられたスヌーピーたち。

面白可愛かった。

(グッズの値段は可愛くなかったけど)


 


一つ一つの建物が興味深い中で、この赤レンガ倉庫は昔、

そんなに近づける場所ではなかったと思うので、

こうしてつくづく眺めて、これをこういう施設として生かしているのは

素晴らしいなあ、と。


もちろん、情緒的な事も考えデザインしなおし、手を加えた部分もあるのでしょうが、


全てに味があっていいな、と感動。

 

帰ると、母の日ということで、


こんな可愛いプランター入りカーネーションをもらえました!

 



とても綺麗。

嬉しい。

 

私とオットの母たちは「花よりダンゴ」派なので、

虎屋の羊羹セットを送っておいたら、

両方から大喜びの電話があったのでよかった。

 


オットは、先週買った新しい鉢を埋めたくて、

さらに多めにカーネーションを買ったという。

なるほど。

 

子供達からのプレゼントは、家に「パイレーツオブカリビアン」のBlu-rayが

1、2しかないからと、3、4、5でした。

え〜。

私もう今そんなにジョニー・デップ好きじゃないし〜。

どうせならベネディクト・カンバーバッチの「SHERLOCK」が

欲しんですけど・・・

と、幾度となく呟いたけれどとりあってもらえず。

私が注文して私のお金で買ったというね・・・。

 

まあいいけど。

で、やっぱりパイレーツオブカリビアンの1から観たいよね、と

夕方から家族で、観始めたけれど、

2作目でもう・・・力尽きそう。

ジャック・スパロウはやっぱりとっても目が離せない人で、

物語はすごく面白いけれど、ね、

日々のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/905038
この記事に対するトラックバック