服は少しだけでいいと分かってはいても

  • 2019.05.17 Friday
  • 19:55

週末はやはり嬉しい。

週4日しか働いていないんだけど、

割と疲れてるんだもの。

(物心ついた時からずっとですけどねぇ)

 

私の勤務地は庶民的なところである。。

区は広くて、いろんな町のカラーがあり個性的だが

勤務する地域は、

中でもかなり下町色がつよくて、物価が安い。

 

中に好きなお店が一軒ある。

お洋服が異様に安いお店だ。

 

新しいデザイン、決して悪くない縫製、生地。

 

それらが装飾のない小さな空間に、無造作に並んでいるお店だが、

とにかく安い。

現金オンリーだけしか使えないので最初はためらったが、

(普段、カードを愛用していてあまり現金を持ち歩かないので)

普通ならカードを使えないお店は舌打ちものなのだけれど、

そこだけは許せるようになった(気分的に)

 

昔から人混みが苦手なので、セールなどあまり行かなかった。

最近ではネットのセールがあるから私でも買いやすくなったが、

昔はあの人混みで、

尋常ではないアドレナリンを出してる人たちの中にはいるのがいやで、

それくらいならもう定価でいいです、と思っていた。

が、そのお店は案外知るひとぞ知るなのか、

物色している人はそう多くない。

私でもなんとか買い物できる。

素晴らしい。

今までにいくつか買ったが、先々週、先週、今週と続けて、

今までで一番買い物してしまった。

 

少し思い切った薔薇模様のワンピース。
好みのロング丈で、


透け感はあるけど、

下にタンクトップとレギンス、

あるいはスリップワンピースなど重ねて着て、

上からふわっとブラウンの羽織を着たいなとイメージして購入。

980円だったから。。。

 

今週はこれ。

前身頃がラッセルレースというところと、

明るいグレーの色合いと、

薄手のカーディガンであるところが気に入った。

1990円。

ネットではこれくらいか、もっと安いものがあるけれど、

ざっと楽天市場などのぞいて、

見つけられたものよりこのお店のこのカーディガンがいいと感じた。

 



さらにレースのロングの羽織にも心惹かれてしまった。


マキシ丈が大好き。
そして、グレーがまた、わたしが大好きな色の一つなのだ。


黒も白も主張強すぎ、と感じる時に、

グレーは何か中和してくれる感じでしっとりと馴染む。

そのせいか、スマホケースに日傘、靴と

グレーか渋いシルバーのものが増えてきた。

差し色に何を持ってきても、

柄物なども良い感じに抑えてくれる。


二つのグレーのアウターが気になって

先々週見かけてから迷っていたけれど、

今日、帰りにもう一度見に行った時、

思い切って2着とも購入。

自分の日頃のコーディネイトを考えた結果、

けして無駄にはならないと判断した。


断捨離はしていくつもりだ。

実際、服も随分整理した。
でも人生は続くし、

仕事で日々出かけることが多い以上、

定期的な服の購入、入れ替えは必要だと強く感じる。


服を10着しか持たない生き方って憧れる。

それはもう少し枯れてからにしようか〜、と思いながら、

買ったお洋服を、浮き浮きと持って帰りのバスに乗る。
なんだか窓から見る景色が輝いて見えた。


気分が上がるお買い物は良いお買い物だ。
また、色々頑張れるから。

 

町の小さなイベント、施設のバザーなども近頃は新品が売られている。

今日、おろしたのは昨年、息子の通う施設のバザーで売れ残りだった靴下。

五十円だった。

tutuannnaの新品なのに。



履き心地よし。

人目につかない裏側の滑り止めがこんなに可愛くて、

履いた時からなんだかとても嬉しかった。

 

可愛いっていいなあ。

幾つになっても、やっぱり可愛いものは好きなまんまである。

 


 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM