ミステリアス

  • 2019.10.04 Friday
  • 22:40

もう毎年のことのような気がするけれど、

10月になるというのに、30度を超える暑さでしかも湿度が高い。

少し外出すると汗が吹き出し、肌がべたつく。

そんな自分を想像すると朝からすでに嫌になるので、

メイクをするとき、少し目元を明るくする。

気に入っているのは白のアイシャドウ。

2年くらい前に、無印良品で見つけたアイシャドウ。

マットタイプとラメ入りの2種類の白。

ほんの少し瞼を彩るだけで、明るく見える。

 

毎日慌ただしくて、いろんなことに手も意識も回りきっていないのだけれど、

スマホのカメラロールの写真整理も懸案事項で、

整理しなくてはとずっと思っていて。

それで見ていたら、2年前から撮りためていた雑貨類の写真があり、

それだけブログをサボっていたのだなと苦笑してしまった。

このアイシャドウも買った頃嬉しくて、

すぐそのことをブログに書きたかったのに、書かないまま、

ただ写真だけ残っていたのだ。

今も、こうして楽しんで使っているから、今更ながらアップしてみた。

ちょっと無印良品のサイトを見てみたら、もうこの色は扱っていないようだけれど。

時が立つのはなんて早いことかとため息をつく。

自分ではほんの少しサボっているだけのつもりが、

2年くらいとは。

 

2年とは、私が専業主婦とは言えなくなってからの月日である。

月半分程度の出勤であるが、福祉系の会社で働いている。

 

先々週のことだが、いつも福祉事業に協力してくださるJAさんが

届けてくださった箱の中に、小さなカタツムリがいた。

青々としたとても綺麗な空芯菜を提供してくださるばかりか、

それが少しでも新鮮さを保っていられるようにと心づくしで、

氷水に漬け込んでくださっていたのだが、

そのみずみずしい葉の影に見つけたカタツムリを、

うちの社の女性職員さんが、いやだと顔をしかめて

(ものすごく優しい方だが、虫嫌いなのだ。私もだけど)

さっと水の中にはたき落したのを、カタツムリなら、と私が拾いあげた。

何分か氷水の中に落ちていたので大丈夫かな、と心配したが、

すくい上げて空芯菜の葉っぱの上にのせ、

うちの所長が飲みきって、

空っぽになっていたインスタントコーヒーの瓶の中にいれて

様子をみていたら、

からの中からうにょ〜っと体がでてきて、

長いツノを2本、ひょこひょこ動きだしたので、

生きてる、生きてると皆で喜び合った。

責任を持って私が家で飼うことにした。

家族LINEで報告したら、いいじゃん♪と喜んで受け入れられた。

 

iPhoneImage.png

最近はカタツムリも減っているという。

昔、息子が見つけた小さなカタツムリをやはり何年も飼っていたことがある。

常に水分に気をつけて霧吹きで水をあげ、

旅行にも連れて行くくらいだったのに、

猛暑の日に家族で1日外出していて、帰ってきたら干からびていたのだった・・・

申し訳ないことをした。

もうそんな目には合わせないよね、と家族で誓い合う。

その当時のガラスの瓶をまた引っ張り出し、

100円ショップで綺麗な砂利を飼ってしきつめ、

卵の殻と、庭のさくらんぼの木の葉っぱと、

餌ようにキャベツをいれたら、

さっそくキャベツの上に這っていった。

小さな小さなお家のフィギュアがあったので、

飾りに入れてみると、とても可愛い。

 

生き物を飼う、というのは

命の喜びを感じることだなあ、とふと思う。

たとえそれが小さな小さなカタツムリであっても。

名前は息子が一瞬で「ツムリン」と決めた。

通称ツムちゃんである。

 

 


さて、

ここのところ何度か、こんな通知がLINEからなされた。

私はPCからLINEにログインすることはないし、

オットなんてもっとない。

私のLINEにはいったって何もないけれど、

数年前、

息子のクラスメイトのお母さんがLINEのアカウントを乗っ取られて、

「悪いんだけど、コンビニで一万円のiTuneカード買って

送って」なんてトークがきて、

全然、そんな仲の人じゃないから、

あの、誰かと間違えて私にトークきてますよ、と返事をしたことがある。

それから程なくしてアカウントを乗っ取られました、と連絡がきて、

へえ!と思ったものだ。

そのお母さんと仲がよかった人は一瞬かなり本気にしたらしい。

 

なんのためにそんなことをするのか、

お金を取るためにしても割りに合わない犯罪のような気がするなあと思いながら、

よく考えたら私は今後もPCからLINEを使うことはないからと、

PCからのログインをしない設定にした。

 

そうしたら今日はこんなショートメールが。

笑ってしまう。

この時間、私はもう帰宅していたし、ポストには不在届けもなかった。

届くようなものを買った覚えもない。

会社名もないのに誰がタップをするでしょう。

ネットで調べたらよくある詐欺で、

タップしてリンク先に飛んだだけで、スマホ情報などを抜き取られ、

ひどい悪用をされるらしい。

 

いろんなところで、電話番号の記入が求められ、

プライバシー保護の約款を見せられるけれども、

結局それをどこかが守れていないということなのだろう。

私の電話番号だけを入手した誰かが、

なんとかしようと頑張っているらしい。

 

なにもそこまでせずとも。

私なんて何もないのに。

 

世はもっと平和で穏やかであるべきなのに、

善意でない誰かの接触。

不快感がかすかに胸に漣を起こすけれど、

こんな世の中だから仕方ないのかもしれない。

無視が一番ということかな。

なんでも鵜呑みにしない、簡単にクリックしたりしないということが、

今の世の中ではとても大切なことのようである。

ミステリアスなお話だ。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

地球へ…



おすすめショップ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM