きっとうまくいく

  • 2020.01.03 Friday
  • 23:13

ここ数年、娘がいつも巫女さんのバイトをさせていただいているおかげで、

年末年始はお詣り三昧になる我が家なのだが、

肝心の、地元の神社にお詣りしていない。

それはいけないと本日、

娘を除く家族3人で、家の近くの神社にお詣りした。

 

現在オットは地元の町の自治会役員。

町の自治会は定年後の方が中心になってされていて、

その方達は町の中心にある学校出身の方が多く、

しかも歌を歌っていらっしゃる方が多い・・・・なぜか、

学校と、しかも合唱しているということであちらこちらに繋がりがあり、

その縁でオットもお声がかかって若手として自治会に迎えていただいた。

昨年からは役員にもなっている。

同じ学校の先輩後輩、そして合唱団繋がりがある上に、

みなさん、現在の我が家の大家さんの同級生だったり後輩だったりでもあり、

そんなところでも、とにかくつながっている。

現代としてはちょっと珍しい気がするのだけど、

かくいう私も他所から来た人間として、けして表に出る気も繋がる気もないものの、

長年子供を育てている場所、繋がりの中で、知り合いも増えるし、

仕事も地元に本部を置く団体ということで、それは広がる一方である。

 

引っ越しのご挨拶もかねて、自治会長さん宅にもご挨拶に伺ったところ、

自治会長さんの奥様がまた、

娘が通った小学校で指導員をしてくださっていた方で

娘が6歳、息子が4歳の頃から知ってくださっている方であり、

現在の私の勤務先の理事のお一人でもあり、

さらには私の親友のお子さんが通っている福祉施設でもお仕事をされているという方だった。

もう頭をさげまくり状態である。

 

会長さんはバリバリの地元の方で、お顔が広く、

その交友関係は複雑にあらゆる方面に伸び渡っているのだが、

地元の神社の宮司さまも小学校の後輩とのことで、

お正月の御祈祷をお願いしようと思っているとお話すると、

ああ、そうしなさい、言っとくよ、私の名前をだしてくれていいよ、とのこと。

それで、本日、ご祈祷のお願いも兼ねてのお詣りだった。

 


 

向かって右の狛犬さんは、お子さんを、

左の狛犬さんは手毬を抱いていらしてお可愛らしい。

 

 

順番を待って参拝させていただいていたら、通りかかりの方にご挨拶していただいた。

普段着だったけれど、どこか纏われている空気が違う。

宮司さんでは??と夫婦で顔を見合わせ、

思い切ってオットがお声かけしたところ、本当にそうだった。

それで急だけれど、明日お時間を頂けないかお願いしたところ快諾いただき、

明日は家族で新年の、家内安全の御祈祷を受けられることになった。

よかった。

都合で「アナと雪の女王 2」を見にいった帰りなのですが、

よろしくお願いします・・・と心の中で頭をさげる。

映画も楽しみである。



神社で売られていたお守りが可愛い!

思わず購入。

可愛いカエルがぶら下がっていて、

 

梅の模様も可愛い袋には表に


ポケットがついていて、カエルさんが収まるようになっているのだ!

買わずにいられようか。

どこに付ける、どう持つ、も考えないままに買いましたね。

断捨離的にはよくない思考だけれど、

それは知らないふりでいこう。

 




ランチに美味しいシーフードパスタを食べて、

「ああ。今年も幸せになりそう」

と呟く。

嘘でもいいからこう言っておけばいいよ、と思うのだ。

 

実は、今年は冬休みが長いからすでにもう結構疲れているし、

冬休み明けに仕事に行くのはかったるいし(雇ってもらえてて有り難いのに)、

次週に控えている3連休には全ていろいろ用事が入っているため、

面倒くさがりの私はすでにもう一杯一杯、

予想しただけで疲れているのである・・・

から元気でもいいから出しておかないと、ちょっと気が挫けそうだ。

うっかりしてると、ため息がでるもの。

 


実用品を買いに立ち寄ったニトリで

愛らしいものを見つけたオットが気に入って購入。



うさぎ!

尻尾だけ立体的で、なんて可愛いの。

癒されます。

 

借りているお家に備え付けだった揺り椅子椅子におけば、ぴったりと似合う。

やっぱり、可愛いっていいなあ。

すっきりとした暮らしは大事で憧れるし、心がけるけど、

可愛いもの全てを切り離すことは、今年も私にはできそうもない。

まあ極力増やさないという方向で、今年もなんとかやってみよう。

決心がもう、緩い。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM