梅雨明け,八朔

  • 2020.08.01 Saturday
  • 20:09

 

 

月が改まると気持ちも何か、改まるような気持ちになる。

単純だけど、それだけの理由で1日が好きだ。

 

朔日(さくにち)と言うそうだ。

 

この日に神社にお参りすると良いらしく、朔日する方も多いらしい。

先月はオットのおかげでできたけれど、今日はオットがあまり気が進まない様子なので、

私も強くは願わなかった。

夫婦で食糧の買い出しついでの、短いドライブ中に、

空に湧き出た力強い雲と、サイダーのような色を楽しんだ。

八月の

 

梅雨があけた。

長かったなあ。

 

私は雨が降り続けるのもそう嫌ではなかった。

けれどきっと誰か困っている人がたくさんいる。

そう思うと、早く例年並みに梅雨が明けるといいよね、と思っていた。

そして苦手な夏が到来してしまったと苦笑いする。

本当にいきなり暑い。

 

私は夏が苦手だけれど、大切な季節だと分かっているし、

愛している方たちがたくさんいることも分かっている。

だからむげに、夏は嫌だ嫌だとはもう言うまいと思う。

(大人になった、私も)

だけど、自分の機嫌を取る何かがあってもいいよね、と思うわけで、

色々工夫してみようと決めた。

 

主婦としてよくないことだけど、財布の紐を自分のために緩めてみる。

 

先月、よく拝見しているブロガーさんのリンクから

とても素敵なアクセサリー作家さんの作品を知ることができたのだ。

つらつらショップを拝見していると、久々に胸がきゅんとしたものがあり、

何だか迷わず購入してしまって。

それが昨日届いていて、とても嬉しい。

わくわくしながら開封してみる。

 

包みを開いて陽を浴びた途端、透き通った色と質感で目を打った作品。

フローライトのストラップ。

チャームは精霊さんである。

買って良かった、間違いなかった、と瞬間的に思えて幸福になった。

しかも、嬉しいお買い物はこれだけではない。

 

ラブラドライドのブレスレット。

超神秘的。

大好きな石で前から好きで欲しかったのに、これぞと思うものとはご縁がなく、

今回はじめて、欲しい!と思ってすぐ買う機会に恵まれた素敵すぎるブレスレットである。

繊細なデザインと技巧にしばし見惚れ、

すごく嬉しい気持ちで、左の手首に巻きつけてみた。

びっくりするほどしっくり馴染んでくれる。

ああ、これも大切な出会いだった、と満足のため息。

 

働いていて良かった、と思えるのはこう言う時。

好きなものを自分のお金で買うことができる。

 

憧れはダラダラできる主婦生活だけど、あともう何年かは頑張ろう。

そして8月!

来るなら来い、今年も無事に凌いでやるぜ!

と、鼻息荒く宣言する勇気も湧いてきたのだった。

あの空の雲のように。

 

自分の単純すぎる性格にはいつも結構助けられている。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

地球へ…



おすすめショップ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM