人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

テレビっ子

いつもお母さんとしてがんばっている奥さんに・・・と

オットのお友達の方がくださったシャンパン。

可愛いピンクの飲み物。

昔から炭酸が苦手で、

それゆえビールも全く飲めないのだけれど、

シャンパンだけは飲める。

なぜかしらん。

 

いつからか、自分だけのための時間がないのが普通になった。

でも家族のことは自分と切り離してはいられないのだ。

 

会社でお昼休みに、お弁当を食べながら

娘とあまり年の変わらない女性職員さんと

最近のドラマの話をしていたら、

60才前の女性職員に、テレビっ子やな、

そんな暇あるんやね、と言われた。

(私と同じく神戸の人で、実家のある垂水区の駅前の方が

今や、三宮駅周辺よりはるかに発展していると言い張っている人だ)

その人にはそんな時間がないとのこと。

そうだと思う。

その方は毎日必ず、23歳の公務員の息子さんからLINEが届く20時すぎ、

15分ほど車を飛ばして駅まで迎えに行き

(駅から自宅近くへのバスはあるし、

勤務先から電車をいくつか乗り換えれば、

自宅近くの駅に戻れるはずの息子さんだが、

なぜか職場からもっとも近い駅から一本だけ済む電車で通勤し、

朝は自営業のお父様、

夜はパートのお母様にお迎えに来て頂く生活をチョイスされている)

お風呂にいれ、夕食を与える生活をされているのだ。

そりゃあドラマなどご覧にはなれますまい。

 

ちなみにこの60近い職員は、

他の女性の子育てには常に過保護だと批判的だが、

息子さんの上の娘さん二人は嫁ぐまで一切家事を手伝わなかったとのこと。

いやはや。

人はそれぞれ自由ですけれども。

だったら他の人のことも言わなければいい、

ましてや上から目線では、と思う私は心が歪んでいるのかな。

 

年若い女性職員はとても聡明でしっかり者で、

社から遠いご実家から毎日、ちゃんとお弁当を作って通勤してきている。

ご両親が退職後も高齢者雇用で働いていらっしゃるので、

毎日帰宅後もほぼ一人で家事をして

ご飯も作って両親のおかえりを待っているそうだ。

 

そんな彼女は休日を有効に使い、

友達とのおつきあいや旅行も楽しんでいるけれど

普段はとても堅実で、

大学時代の奨学金も月八万円ずつ返済して早くにローンを終わらせたそうだ。

でもテレビドラマなどは好きなので、

主には通勤途中の電車の中でTVerなどで、

録画もしておいて少しずつ、

観れる時に観て楽しんでいるそうだ。

 

 

私は通勤では楽をしていて、

仕事が終わって帰宅して、まずはちょっと一休み。

洗濯物を取り込んで、たたんだり、アイロンをかけたり。

夕食を作って、息子の通う施設との日誌を読んで、書いて。

気がつけば、お風呂に入って寝る時間である。

 

けれど子供達も大きくなって、

娘の方が先に帰っていれば洗濯物を取り込んでたたんでくれているし、

私がアイロンをあてている間にお風呂の準備をしてくれたり、

私が夕食を作っている間に洗濯物を、

家族それぞれのクローゼットに、

息子と一緒に片付けてくれたりする。

私が日誌を書いている間に

息子が野菜を切るなど夕食の手伝いをしてくれることもあるし、

夕食後の後片付けは必ず二人でしてくれる。

すごく楽になった。

 

子供達が小さな頃、

学校からなんども、家でのお手伝いをさせてくださいと言われて辛かった。

子供はお手伝いが好きだ。

でも、すごく時間がかかる。

要領が悪い。当たり前だけど。

忙しくて、泣きたいくらい時間が無くて辛い時は

本当にお手ついだいなんでさせてくなかった、

自分でやった方が全然早い。

でも、堪えた。

本当に辛かったけれども、諦めるのだと自分に言い聞かせた。

 

期待していなかった、実はあてにしていなかったけれども。

今、子供達は物理的にも、精神的にも強力な私の味方である。

自分らに関係するから、極力家が汚れないよう、

洗い物が増えないように気を配る、

それをしてくれるだけでも随分家事のはかどり具合が違ってくる。

 

頑張ってよかったのだ、親子ともに。

子らも外でそれぞれささやかな家事の常識、

能力を発揮できる時があるようである。

 

年頃の娘の安全、息子の保護(知的障害があるので)、

それに気を配る私ももちろんくだんの60前のババ・・いえ、女性職員に

過保護呼ばわりされるのだが、

果たしてどちらが本当の過保護かしら。

 

ちなみにその人は非常に寒がりで、薄着をしてきては会社の冷房を消し、

窓も締め切って回る。

外から戻ると、ムッとした事務所内で、

一人断然薄着で普通な顔をしている。

 

その人がいなくなると、その人と仲良しの同年代の職員さえ急いで窓を開ける。

若い女性職員も窓を開けて回る。

そして私にちょっとテレビドラマの感想など話してくれて、

「またテレビっ子って言われちゃいますかね」

と微笑むので、

「いいよ。罪のない、誰にも迷惑をかけない楽しみだものね」

と私が言うと、こくんと可愛く頷いてくれるのだ。

 

スマートに、人を傷つけないで生きるようにした方が徳は積めると思うのだが、

ドラマを見る暇のない寒がりの60前の女性は神社参拝が大好きで、

「私はよく神様にいたずらされるねん〜」

とおっしゃっている。

なんでも撮った写真がその場でなぜか写っていなくて見られないからだそうだ。

他の人は普通に撮れているのに。

それは神様に(も)嫌われてるんじゃ・・・・イヤイヤ、ムニャムニャ。。。

 

1クールごとに一つか二つ、ワクワクできるドラマがあると嬉しい。

このお気に入りは必ず世に言う視聴率やネットの評判と連動しない。

例えば私は「いだてん」や「インハンド」面白くて大好きだけど、

視聴率はあまりだとネットの記事で読んでそうなのだと最近も驚いたばかり。

視聴率は目安であって絶対評価ではないと思うが、どうだろう。

少し前の朝ドラの「半分、青い」もネットで随分悪評を読んだけれど、

私は終始楽しんでみて、大好きだった。

 

本を読むというと少し褒められる感じなのに、

ドラマをよく見るというと薄笑いされる感じになるのはなぜなのかな。

本も売れ筋の作家さんのものを言うとやはり薄笑い傾向だが、

今、Kindleで司馬遼太郎先生の「最後の将軍」を読んでいると言うと

「ほう・・・」という反応なのはなぜなのか。

 

傲慢というものを他人の中に感じた時、怒るよりも苦笑、

自分を振り返ってその心を省みるようになった私は

いい感じで年をとれている方なんだと思ってみたい気がしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビ | comments(0) | trackbacks(0)

欲しいような欲しくないような

日頃、職場の皆様にいろいろお土産をいただいてばかりなので、

昨日は私も、横浜を感じるものを見繕って買ってきました。

えの木ていの「横濱ローズサプレ」

本当に少しバラの入った、薔薇の形のサブレ。

皆さん、喜んで受け取ってくださいました。

 

気がつくと、今の職場で2年働いていた。

子供の学費に困った主婦の必死のパート願望を

よく受け止めてくださったなあ、と有り難く思う。

50にして色々なことを知り、学べて

素晴らしい出会いだったなあといつも幸せに思っている。

 

でも、経営悪化で、新入社員が入ってこなくて、

私の枠に大学生のアルバイトを入れ、

あわよくば就職に繋げたい意向を上部がもっているとのこと。

所長は全力で抵抗すると言ってくださっているんだけれど、

それも運命かなあ、とふと思えてしまって。

ちょうど娘ももう大学卒業。

今、一生懸命就活しているから、そのうちなんとかなるでしょう。

少なくとも二百万の学費支払いからは解放される。

好きな事務職で家から近くて、

フルタイムじゃなく働けて

私にとってとても条件の良いお仕事なんだけれど、

変化の時がきたのかな、と思う。

 

家も、北斎の引っ越し回数を聞いてもそう驚かないくらい引っ越し好きの我が家にしては、

今までで一番長く住んでいて、

年末の更新を迎えれば6年。

流石に7年目はないかなと思っていて、

子供達の就職が決まる頃を見計らって、新しいところに越すつもりだ。

神戸の母も呼ぶかもしれない。

これも大きな変化の流れ。

 

変わろうとしている。

それが楽しみな気持ちが確かにある。

 

でもふとした瞬間に、

やっぱりこの職場が好きだなあ、とか、

この家、狭い以外に悪いところはないからなあ、と思えてしまうところが

今までの私の運命の受け止め方と違う。

私はもともと変化の多い生活が好きなのだ。

だからオットの転勤は楽しかったし、

派遣社員の仕事も合っていた。

 

年をとってもう、そういう感じではなくなってきたのかもしれない。

 

でも、今が幸せ、というのもきっとある。

 

変化への憧れも確かに胸の底にあるのだけれど。
 

日々のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0)

横浜スヌーピーと母の日と

本日、息子が卒業した特別支援学校高等部での

卒業生の参加イベント終了のあと、家族で横浜へ。

結婚して、最初に買ったマンションは元町から坂道を登って10分くらいのところ。

嬉しくて、その頃は横浜に一生骨を埋めるつもりでした。

その頃はまだこんなに発展してなかったけれど。

大切な大切な娘を授かった地でもあります。

中区の区役所に出生届を出して、

本当に嬉しかったなあ、あの時は。

昔よりも横浜はより、横浜らしく。

誰もが思う横浜のイメージに、

横浜が寄り添う形で完成していっているようにも思えます。



赤れんが倉庫の風情がまたとても素晴らしい。

 

そこで開かれていたスヌーピー・ファンタレーションという

スヌーピーとアートサイエンスのコラボという展示。

愛知工業大学の協力もあり、

いきなりスヌーピーロボットがお出迎え。

さまざまな作家さんが工夫を凝らしてつくられたスヌーピーたち。

面白可愛かった。

(グッズの値段は可愛くなかったけど)


 


一つ一つの建物が興味深い中で、この赤レンガ倉庫は昔、

そんなに近づける場所ではなかったと思うので、

こうしてつくづく眺めて、これをこういう施設として生かしているのは

素晴らしいなあ、と。


もちろん、情緒的な事も考えデザインしなおし、手を加えた部分もあるのでしょうが、


全てに味があっていいな、と感動。

 

帰ると、母の日ということで、


こんな可愛いプランター入りカーネーションをもらえました!

 



とても綺麗。

嬉しい。

 

私とオットの母たちは「花よりダンゴ」派なので、

虎屋の羊羹セットを送っておいたら、

両方から大喜びの電話があったのでよかった。

 


オットは、先週買った新しい鉢を埋めたくて、

さらに多めにカーネーションを買ったという。

なるほど。

 

子供達からのプレゼントは、家に「パイレーツオブカリビアン」のBlu-rayが

1、2しかないからと、3、4、5でした。

え〜。

私もう今そんなにジョニー・デップ好きじゃないし〜。

どうせならベネディクト・カンバーバッチの「SHERLOCK」が

欲しんですけど・・・

と、幾度となく呟いたけれどとりあってもらえず。

私が注文して私のお金で買ったというね・・・。

 

まあいいけど。

で、やっぱりパイレーツオブカリビアンの1から観たいよね、と

夕方から家族で、観始めたけれど、

2作目でもう・・・力尽きそう。

ジャック・スパロウはやっぱりとっても目が離せない人で、

物語はすごく面白いけれど、ね、

日々のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0)

のんびり土曜日

昨日のこともあり、

今日は1日お家でのんびりしていようと、朝からユルい服、

そしてもちろんノーメイク。

 

無防備にカーテンを開けたら、

目に飛び込んできた華やかで可憐な色。

ピンクの薔薇が一輪、咲いていた。

嬉しいものです。

 

そういえば、街もあちらこちらのお宅のお庭から、

さまざまな薔薇が咲きこぼれて見えて

とても美しい季節。

ものによっては6月の誕生花としてるものも見るけれど、

基本的に薔薇は5月の誕生花みたい。

そうだよね、と思うくらいの薔薇の花盛り。

我が家のお庭にも少しバラを植えていて、

この子が一番に咲いてくれたので、嬉しくて。

 


家事をし終えて、のんびりソファに座っていい時間には、

お気に入りの漫画を読み直し。

岩本ナオ先生の作品はどれも暖かくてユーモラスで大好きで

(全作品を読めていないと思うけれど)

この「マロニエ王国の7人の騎士」もとても好き。

最近でた3巻を読んだら、やっぱり1巻から通してよみたくなって。

昔、こんなおとぎ話を確かによみました。

暑がり寒がり腹ペコなどなど、それぞれ強烈に特製の強い兄弟が

力を合わせて難問を解決していくお話。

それがこんな素敵な楽しいお話になるんだなあ、と。

3巻の展開は圧巻で読み終えたあともワクワクが止まらない。

 

いいお話は本当に心の栄養剤。

元気になれてとてもハッピー。

それが漫画でもドラマでも映画でもお笑いでもいいの。

年中歓迎ウェルカム状態でいます。
 

日々のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0)

焼肉は絆

本日、上司にお子さんが生まれた。

第4子で、二人目の息子さんである。

めでたい!

午後、そのお知らせを受け取って、職場の皆で湧いた。

一人の職員が、別の職員に、

「今日、所長がお生まれになって・・・」

と、伝えたのを、周りの皆で、

所長は生まれてないよとツッコんで大笑いしてしまった。

 

しかしながら本日、職場は飲み会だったのだ。

所長はどうしても来られないことになった。

 

アルバイトの私は職員さん方より

上がりが1時間ちょっと早い。

一応夕方4時に社を出て、6時まで近辺をのんびり歩いて回った。

 

会社は駅のすぐそばにあり、様々なお店が並んでいる。

いつもは急いで、会社の目の前のスーパーで買い物をして、

またまた目の前のバス停からバスに飛び乗って帰るという生活が基本のため、

可愛い服を売っているお店も雑貨店も素通りなのだ。

だからそういうところに立ち寄れる今日みたいな時間は嬉しい。

飲み会のたびに何か買って、飲み会の場所へいくのが私のパターンになっている。

 

今日もまたその通りになった。

3足千円の靴下には昔から弱い。

娘のために夏感たっぷりのシースルーのソックス、白&黒と

シースルーのリボンがかかとで可愛い靴下を購入。



ケミカルレースが好きで、淡い羽織を自分用に購入。

 

下町ショッピングは安さが魅力。

ロングの羽織も2000円しない。

 

ホクホクして飲み会に参加した。

今日は焼肉!

元はと言えば私は生の野菜と果物を食べられないアレルギーであったこと、

他に甲殻類アレルギーの人と、乳製品アレルギーの人がいて、

所長がアレルギーじゃないけど魚介類あまり好きじゃないという方ということで、

職場の飲み会はとにかく焼肉。

焼く!食べる!飲む!

特にそれが激しい私と他3名の人についたあだ名が「TEAM肉」

今日は新メンバー加入で(その人たちの歓迎会だったのだけど)

さらに頑張ったTEAM肉だった。

 

やっぱりいいわね、焼肉は、と大満足で解散してきた夜。

滅多に夜歩かない私には、風が気持ちよかったな。

日々のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0)

もう笑っちゃえ

セリアで見つけたハンカチ。

息子にいい!と即、買った。

価格破壊の昨今だけれど、

若い男子向けのリーズナブルな服、

雑貨って女性向けほど多くはないな、といつも感じていて。

トップスにしろボトムスにしろ靴やバッグや小物にしろ、

見かけたら買っておく、を心がけている母の私。

 

その愛しい息子は自閉症スペクトラム。

小さな頃は可愛いままで、ずっと時が止まっていてくれればと思うこともあった。

でもうれしい成長を遂げてくれて、

たくさんの温かな手厚い支援もいただけて

(そう甘くはない世の中だけれど、多分とても恵まれている方)

企業就労をめざす施設に通えている今日この頃である。

 

企業就労がゴールではない。

就職が決まることは嬉しいことだけれども、

就職してからがまた長く、要は定着していくことがまた大変な道のりなのだ。

故に施設は、就労後も長く手厚く、定着支援をしてくれることになっていて、

親も子も長い長いおつきあいとなっていく。

 

そういうコミュニティにはやはり当然、保護者会というものがあって、

そういう会にはもれなく「役員」というものがついてくるのだった。



昨年、私は息子が入所したばかりのその施設の初日に、

役員を引き受けることになった。

書記なら今までもしていたし、

会長・副会長・経理と上にいてくださる下っ端である。

気楽なものだ。

 

今年度はもうお役御免かなあと、4月の集まりの日にうきうきと考えていた。

その日、新元号が発表される日で、

11時すぎとのことだったので、

その頃にはもうお役目を解き放たれて気楽に、

友らと楽しいランチを駅前あたりでしていることだろうと、

呑気に出かけたのだった。

 

今年度の新たな役員極めとして、1年目のお母さんがたに

昨年、私が受けたように、仕事を受けていただくことをお願いするのはわかっていた。

2年目のものから重い役目を選ぶのも仕方ないだろうと。

就労移行支援施設に通えるのは原則2年、特例として3年である。

昨年度会長だった方は私の家の近所で、

娘の幼稚園時代からのおつきあい。

ご縁があって仲良くしていただき、

その方が今年度も残って会長をしてくださるのだろうと思っていたら、

3年目に入ってしまっていつ就労が決まるかわからないので、今年はできないという。

一人の方は親御さんが大変重いご病気で介護があり、

そうでなくても女医さんでいらして、冗談抜きで多忙だけれど、

昨年に引き続きて会計をしてくださるという。

なんとご立派な。本当にごめんなさい、ありがとうと皆で頭を下げる。

もう一人の方は、ただ一人の子がこういう知的障害ある子なので、

残りの人生で少しでも自分が働いて将来に備える経済力をつけるため、

これから正社員として就職予定だという。

おお、それは確かに。

もうお一方は本当に心身不調で通院中でなんとか今までやってきたため、

今年度は解放していただきたいという。

それも確かに。ご無理なさらず。

あれ?

私だけ、なにも、ないの?

あれ。私って幸せだったの!?

「お願いします」

と皆に頭をさげられて、え、あ、う、はい・・・と頷いてしまった。

 

まさかの会長。

年に4回くらいスピーチがあるという。

うち1回はかなり大きな行事で、区長も来られるようなお式でのスピーチだ。

昨年、先輩がされているのを大変だなあと心から同情してみてましたよ。

あれを私にやれってか!!

 

おかげさまで駅前の小さなイタリアンでの素敵なランチも

あんまり味がよくわからなかったし、

新元号が令和と発表された時もほろ苦い気持ちでききましたとも。

 

GW中は忘れておくことに専念していて、

今日、息子が持ち帰った施設のお便りに、

新会長としての私の名がプリントされているのを見て、

冷水を浴びせかけられたかのように現実感を覚えたところ。

もう笑うしかない。

なんとか腹はくくれると思うけれど。

子育てちゃん | comments(0) | trackbacks(0)

蜂の巣と福なる毛


5年以上の雨ざらしですっかり劣化してしまったのだけれど、

庭のラティスにずっとぶら下げていたガーデンアクセサリー。

割れたそこいたから中をのぞいたら驚いた。

小さな蜂の巣の跡が。

 

確かに春先、庭のさくらんぼの木が、

街中のソメイヨシノたちよりうんと早い時期に、

 

満開の花を咲かせた頃、
確かにミツバチが早速うちの庭にきていると思っていた。

蜂は怖いといつも思ってしまうけれど、

スズメバチなどでない限り、こちらから攻撃しないと大丈夫だと聞くし、

季節は春だし。

様子をみていたらそのうち気配がなくなったので

もうすっかり忘れていたのだが。

なるほど、ここに巣を作っていたのか。

そしてなんらかの理由で(おそらく私たち人間があまりにうろうろするから)

やめて、出ていったのかな。

虫系は苦手でろくに直視もできないけれど、

上手に作っているものだなあと思いながら処分した。

 

その後、風水では蜂の巣は良いものとされていると聞いた。

よほど有害でない限り、そのままにしておいた方がいいそうな・・・

手遅れである。

 

そんな話をしていたら、我が家にもう一つの手遅れがあったことが判明した。

21才の娘が先日、左頬骨の上に色のない、長い細い毛が一本生えていることに気がついたそうだ。

若い娘が顔に長い毛。

産毛と言えるレベルではないものが、唐突に一本。

そりゃあ抜きたくなるでしょう。

でもそれは「福毛」と呼ばれる良いものだったらしい・・・

え〜〜〜〜。

抜いちゃったんだ。。。

思わず家族で黙り込んだ一瞬後、大笑いしてしまった。

 

どんな吉兆も無知な我が家にあってはかたなしである。

それでも懲りず神仏にはどうか我が家に福をもたらされたいと祈り続けよう。

今度は巣も捨てないし、

娘もなんとか福毛がもう一度生えないか祈るそうだ。

抜いた直後に就活チャレンジしていた会社からお断りメールがきたので、

今度は何としても伸ばすというが、それもどうだろう・・・

若い娘の頰に毛は良くないと、やっぱり思うのよ。

限りなく透明の、とても綺麗な不思議な毛だったけれど、

光の加減で見えてしまう人はやっぱりぎょっとするものね。

神様にも場所を選んで生やしていただけたらとお祈りしたい。

 

さて、こちらもまたまたガーデンアクセサリー。

ダイソーで買った手のひらサイズの可愛い子たちである。

小さいのに100円なのにしっかりしていて可愛い。

庭の小さな空間が私とオットの遊びの一つになっているので、

時折見つける可愛い雑貨はとても嬉しいのだ。

日々のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0)