着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
infomation
categories
selected entries
archives
comment
地球へ…


おすすめショップ
空に咲く花


link
recommend
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
others

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
なんでもないこと、大切で大変なこと

いよいよクリスマスが近づいてきたなあと感じる今日この頃。

 

 

役員として担当している中でも大きめのイベントが本日はあった。

長い時間をかけて準備をしてきた委員の皆さんの、その努力の結果が良い形として結実しますように、祈りながら私も一緒に少しだけの仕事をがんばる。

 

役員をする気持ちは、一番は子供の学校生活に私も何か関わっていたいという願いが一番の動機だ。

つまりは子供の幸せをものすごく願っているので、そのための何らかの工夫をもっと自分でできないか、みたいな気持ちがうっすらぼんやりとした核になっているようにも思う。

子供をとりまく色んな環境・・・お友達のこと、その保護者の方、先生のこと、学校の施設、行事、つながり・・・そういういろんな部分のつながりを良くして、何か遠くからでもサポートできれば・・・と思う。

とはいえ、たいした力になっていないけれども。

 

本日のイベントは大成功だった。

予想以上に、たくさんの保護者の方がご出席してくださり、来てくださった方達皆さんのお話がとても面白かった。

皆が盛り上がって笑顔が溢れた。

その瞬間、ほわぁっと暖かいいい感じのパワーが会場に充満していたと思う。

 

来年の活動に向けての課題があって、友人と一緒に先輩から色々お話を聞く食事会。

怖いと恐れられている先輩だけれど、優しくて、ものすごくお話が面白かった。

 

疲れつつ、でも充実した気持ちで夕方の道をドライブして帰宅。

これで、ご飯を作って家族に食べさせて、お風呂に入って、仕上げにワインを飲んだら一瞬で気を失うのがわかっている。

その瞬間がきっと、ものすごく幸せだな、っていうことも。

日々のつぶやき / 21:55 / comments(0) / trackbacks(0)
ぽかぽか

可愛いマカロンをいただいた。

 

息子のレインブーツや娘の黒のスカートなどなど、楽天スーパーセールでの買い物に頭を悩ましていたら、せっかくのオフの日が数時間潰れていた。

おそるべし、ネットの魔力。

 

痛む腰を伸ばし伸ばし、それでもやっぱり家にいられるのはいいなあと思う。

近くの商店街に買い物にはいったが、それもお天気が良く、暖かいのでとても気持ちいい散歩だった。

本音でいえば買い物にも出たくなかったのだけれど、出てしまうと、こんな日に少しくらいは外を歩かないと勿体無いなと思えた。

腰痛は、とどのつまり腰回りの筋力のなさが原因だという。

そう言われて3年前のぎっくり腰の時にはしばらく家でのストレッチを続けていたのに、確かにここのところサボっていたなと後悔している。

痛みが引いたら、無理ない範囲でぼちぼちはじめよう・・・と緩めの決意もした。

 

頭の中がまだマリー・アントワネットのことでいっぱいなので、ついでにアントワネットグッズって一般に売られているものなのか検索してみた。

心惹かれるものもあるが、なにしろロココの女王な方だからグッズもそれなりにロココなイメージ。

普段使いできるアントワネット・・・無理があったかな。

日々のつぶやき / 22:45 / comments(0) / trackbacks(0)
パジャマとおじゃま

夜11時前のごく普通の家庭で、きっちりとした装いをし、綺麗にメイクも施して、夫の帰りを待っている妻が、一体どれほど世の中にいるのか私は知らない。

私が知るのは身の回りの小さな世界と、その中で知り合う人々だけで、その世界に限って言うなら「ほぼほぼいないでしょ!」と断言できる。

 

というわけで、昨日の私は1日の家事を全て終了し、ゆっくりお風呂に入ってすっぴんで、温めた甘酒を飲み、くつろいでいるところだった。

そこに、例の趣味の合唱団の、舞台公演を終えたオットが、持参したさまざまな小道具やら頂き物の花束や、会場で使った看板パネルやらを持ち帰るのは毎年のことで、行きは私に車で遅らせたけれど、帰りにタクシーで帰宅するのも問題はない。

問題はそこに、友人を連れ戻ったことだ。

インターホンを鳴らされ、横に一、二度お会いしたことのある男性の顔が見えた。

その時点で私はすっぴん。洗いたての髪はぬれていて、コンタクトレンズもとうにはずしているから、ど近眼を補うための分厚いレンズのめがねをかけている。

1日の中でこれほどイケてない瞬間もないだろうというくらいの装いだ。

バカなの?バカなんだよね?

そう思いながら腹をくくってドアをあけ、遠慮がちに顔をのぞかせた後輩の方に、とびきりの笑顔と声でたくさんのお礼とお詫びをこめてご挨拶をした。

笑顔でドアをしめ、振り返れば般若の私と予測していたオット。

いい、いいと断ったのに、どうしても荷物運びを手伝う、送ると言い張って聞かなかったそうだ。

「私がここのところずっとまともなパジャマがないって嘆いてたの知ってるよね?」

そう。

古くなったパジャマを処分して以来、ニッセンで買った銀魂のTシャツとジャージを愛用しているのだ。

私は銀さんが好き。心から胸を貼ってそう言える。だけども今回、TPOが合ってなかった。

後輩が悪い、あいつがしつこくて、どうしてもとついてきたんだ、と言い募るオットに、だったらインターホンを鳴らして私に玄関を開けさせないで、自分で鍵をあけて荷物をうけとり、お礼を言って帰っていただけばよかったでしょう、と一言の元に撥ねる私。

ほんとだ・・・と呆然とするオット。

頭と気を使わないのにもほどがあります。

 

日頃、オットは人を呼ぶのにものすごくうるさい。

最高の、ベストコンディションでなければ人に見られてはならないというのだ。

「パーフェクト!」が口癖のオットの言う完璧な状態とは、全てが真っ白でスッキリとした物の見えないシンプルな世界、あたかもそこでは人が暮らしていないかのように見えるショウルームの箱のような家のことである。

この四半世紀、そんなモデルルームを見るたびに、これが理想だ理想だとあきることなく言い続けている。

買い物が好きで捨てるのが嫌い、一日中あれとって、これとってと私と子供に言い続け、使用したら自分で片付けない人が言っていい台詞ではないと以前、気が優しくて人に歯向かうことをしない私の母をブチ切れさせたほどの奢りある主張の持ち主だ。

理想があるなら自力で近づけばいいものを。

今回のことをしたのが私だったら、オットは一晩中、寝ずに文句を言い続けたこと間違いない。

 

後輩さんにしたら、羽振り良さげにカッコつけて生きるオットの(内情、家計は火の車です)実際の住まいを覗くチャンスととらえたのだろう、といオットは今朝もしきり腹を立て続けていた。

同じ大学を出て、似たような業界で生きるもの同士、自分と比べてどうかというところもあったのではないか、と。

いわゆるマウンティングというものだろう、と。

そうでなければ、たかがあれしきの荷物で、タクシーにもう乗り込んでいるところについてくる意味はないのだからと。

そうかもしれいない、そういう人もいるでしょう。

だけど私はオットの気の回らなさ、頭を使って切り抜けなかったところが嫌なの。

ほんとにもう。

 

昨日のことで疲れたから休んでいたいとはオットは言わなかった。

家族を連れ出しファミレスで食事、そしてテレビで見て行きたいと私が言っていた激安衣料品店へと軽めのドライブ、ショッピング。

 

 

 

パジャマを買ったわぁ。



650円だったから!

フリースはあまり好きではないけど、

色合いと模様、その配置が可愛かったので購入。

今夜は暑くて、着てられませんが、

この冬、いつか着るでしょう。

 

ちなみにその後輩さんはまた今日もいらした。

昨日オットが貸した小銭を返すためという名目で。

今回は夕方だったので、私はまだ十分人前に出られる状態だったと思うけれど、出ず。

オットは「よっぽど家が見たくて見たくてしょうがないんだな!」と、夕食までもぶつぶつ言っていた。

もう笑うしかない。

日々のつぶやき / 20:15 / comments(0) / trackbacks(0)
遊びも仕事も


近頃は、雑誌も電子書籍で購入しているのだが、

今月号のリンネルは久しぶりに紙で買ってしまった。


いい歳してなんだけれど、付録につられました。

花のカレンダーも年に一つは欲しいものだけれど、

サザビーのお財布ポシェットって。

890円で?

 

どんなものか気になって。

横で見ていたオットも驚く。

なかなかのもの。
金具とか安っぽさは否めないけど、それもよく見れば、の話。

ぱっと見、良いものに見えます。

質感的にオーケー。

なんといっても890円ですから・・・。



長財布が入る大きさだったらもんだいなかったけど、それは無理。

っていうか、これ自体がお財布ということ。

それにしては大きい。

ここにお札とカードはいれても小銭をジャラジャラは辛い気がする。

なので小銭入れと、内ポケットにiphoneをいれればいいのかな。

なんて考えつつ。

 

 

シンプルな形と色合いがとても好みなので、

上手に使いたいと思う。

 

 

リンネル 2017年 1 月号

新品価格
¥980から
(2016/12/5 15:52時点)

私が書店で購入した時は間違いなく890円だったのだけど、どうして980円なのかな?

 

昨日の疲れがとれない。

『マリー・アントワネット展』、気がつけば2時間近く歩き回っていたのである。

展覧会慣れしている友人から、少し高めのヒールで行った方が、後ろからでも見やすいと言われ、珍しくヒールを履いて行ったのもよくなかった。(でも確かに友人のアドバイス通りだった)

しかも、わたしときたらチャンスに目が眩んで、いきなり降って湧いた仕事の面接にそのまま直行。

気軽に、家から徒歩10分の場所で、主婦生活の空き時間を利用して働きたいだけなのに、面接以外に性格検査と小論文を書くという課題も出された。

それらの疲れが今朝はドーッと出ている感じだ。

 

オットは趣味の合唱の舞台本番でここ数日舞い上がっており、今朝はそのオットを会場まで車で送らなくてはならなかった。

とにかく舞い上がっている時のオットのうるささは半端ではない。次から次に要求が出てくる出てくる。

いやいや、ご自分個人の、好きでやってる趣味ですよね?別にそれで家族に特にいいことはない、いや、むしろうるさいだけなんですけど・・・とぶつぶつ口の中で言いながら、送り出した後はほっとした。

今日は自分の心身を癒すためだけに過ごそうと、まずは片付け、料理、洗濯。ちょっと休んでお茶をのみ、本を片手にうとうとして・・・で1日が終わる。

でも、和みました。

アントワネットもきっと、こんな普通の毎日を過ごしたかっただろう。

 

日々のつぶやき / 17:05 / comments(0) / trackbacks(0)
師走に向かって

 

来年の家族カレンダー。

今年と同じく、エヌ・プランニングさんのものを購入。

 

よく売られている家族カレンダーは、縦にざっと日付があって、

横に家族の名前、

つまり1日だったら1日の家族の予定を、ずらっと横一列に見るものが多い。

 

でも私は、普通のカレンダー仕様のものが好きだ。

色々探して、こちらは色分けされているのがいいなと購入。

B3サイズは大きすぎかと思ったけれど、書き込み安くて良かった。


5人家族まで対応。

途中、何度か浮気したけれど、

結局これが一番良かったと家族皆が言うので戻る。

来年度のカレンダーも実は少し迷ったけれど

使い勝手の良さ、分かりやすさでやはりこれかなと

届いてくれるとホッとした。

 

 

【2017年版・壁掛】 エヌ・プランニング B3 ファミリースケジュール CK−62

新品価格
¥1,080から
(2016/12/5 13:11時点)

 

 

今年最後の月が始まった。

生憎の雨だけれど正午には降り止み、お昼からは晴れると言う。

そういわれても、だからと言って自転車で出かけてこられるおてんきではなかったとブゥブゥ言いながら友人たちが集まった。

息子の学校の役員会である。

 

来年度に向けての都への要望をまとめるのが本日の会議の主な案件で、全校の保護者から集めた要望書アンケートをまとめたものを見る。

やはり思いは皆さん同じで、大まかながらも重複した内容をいくつかの項目にまとめることができる。

さらにそれらの中からどれを、私達の学校からの要望として挙げるかを決定していくわけで、校長・副校長先生のご意見も聴きながらまとめる。

今日はそんな仕事をしながら、ふと、やっぱり役員をやって良かったなと思えた。

 

普段から、行事に関わることができ、面倒よりも、納得いくことが収穫になっていて、なるほど息子が通う学校はこういう流れになっているのか、仕組みはこうだったのか、こんな先生がいらっしゃる、あんな先生もいらっしゃる、色々お考えがおありなんだな、問題は色々あるんだな・・・と判り、得るものは多い。

今回のことも、普通なら他の方のご意見まで知る機会がなかったし、それについて先生方がどう思われているかも知る由もなかった。

要望の声が届いているかどうかも手応えのないままだっただろう。

でも今日は役員として先生方の声を聞き、すでに一生懸命都に働きかけ、要望を挙げてくださっていることなどをうかがうことができて心がかなり安らいだ。

色んな要望は我が子がこの学校の生徒でいるうちには叶わないことかもしれない。

でもいつかゆっくり届いて、少し未来の、息子の後輩のお子さんと保護者の方たちを少しお楽にできる力になるかも。

今、私たちが過去に働き、運動してくださった先輩方のおかげで色んな恩恵を受けているのと同じように。

そうい思えることが嬉しい。

 

来週は少しヘビーで3回も登校する。仕方ない。頑張る時は頑張る。

 

帰宅してのんびりしていたら、1ヶ月前に履歴書を送ったきり音沙汰なかったとある企業からのご連絡があり、驚いた。

ずっと放置で申し訳なかったが、社内の整理をする必要があり、連絡が遅れ申し訳なかった、まだお仕事が決まられていなければ面接を・・・という有難いお申し出。

大丈夫です!と即答した。

 

してから若干不安になる。

今年はもう就職は無理だなあと、1月から頑張るつもりで、年内いっぱい予定を入れちゃったんだけれど。

大丈夫かな・・・。

明日はいきなり友達と、六本木の森アーツセンターギャラリーの、マリー・アントワネット展に行くんだけれど。

日々のつぶやき / 23:45 / comments(0) / trackbacks(0)
来る神 来ない神

ずっと前に、プラザで一目惚れして買ったノートを使い始めた。

文房具が好きで、好みに合うものを見つけるたびに買ってきた半生である。

こう書くと誰にも察しがつくと思うが、

おかげで家には文房具が溢れているのだ。

素敵で可愛い、いつ眺めてもテンションは上がるのだが

永遠に溜め込んで置けるものでもないと思う。

まさか、持って死ねるわけでもないし。

 

「楽しく使って減らしていこう」

そう決心して数年。

お気に入りの中でも特にお気に入りだったこのノートも買って数年、

ついにパッケージから取り出した。


そうしたらびっくり。

表紙を開いてすぐの内側に、こうしてスケッチ風のオーロラ姫の絵が。

閉じたページの側面が金色に塗られているのも古風な感じで好きだったのだけれど。

書き込むのが楽しくなった。

 

私がこのノートを使ってみようと思ったのは先々月読んだ一冊の本がきっかけ。

とてもシンプルで、読んでいて胸がわくわくして、

私も始めよう!と素直に思ってしまったのだ。

 

「願いごと手帖」のつくり方―運と幸せがどんどん集まる

 

 

 

 

 

さて。

大掃除をしよう、今日しようと思うのにどうも気力が湧かない。

むしろお裁縫がしたい。

お裁縫って大変で(ほんの少しの手作りのためにでも、ミシン、お裁縫箱、アイロンとアイロン台を広げなくてはならない。お裁縫箱からチャコペンや糸切りバサミに裁ちばさみ、まち針、縫い針、指ぬき、いろんな糸、リッパーや目打ちなどなどが広がって・・・)、もうちょっとやめたいかな、と昨日のポーチ作りを終えた後は思ったのに、やっぱり出来上がった時の達成感も大きかったから、この際、溜め込んでいる手作りキットを全部消化してみたい、という衝動にも駆られてしまったのだ。

今までにもいくらでもそんな機会はあっただろうにせず、なぜ今、と思う。

私はこの神様が来るきっかけを知っている。

手芸関係の神様が私の元に来るときは決まって、それは忙しくてやるべきことが目前に迫り、速やかにそれと向き合ってこなしていかなくてはならないのに気力が湧かない・・・そんな時である。

手芸の神、私にとってはそれは現実逃避の神様でもある。

あと、本の神様も同じカテゴリーだわ〜。

今、待っているのは大掃除の神様。

小さめの、日常掃除の神様は日々定期的に事務的に来てくださるんだけど、大物の方は滅多なことでは私に憑りついてくださらない・・・。

辛い。おいでを願う祈りを捧げなくては。

 

なのに、「あら。接着芯がないじゃない!もう。しようがないわね。〇〇○(100円ショップ)でも売ってるよね。ちょっと行くか」と自宅から徒歩5分のショップにテクテク足を運んでしまった。

日頃、あの手この手を駆使して、よほどの用事がない限り、家からでまいと画策する私なのにどうかしている。

でも往復10分の道のりがとても良い気分転換になった。

掃除は普通にしかしなかったけれど、今日も子供達の好きなご飯をせっせと作る。

ソファに座って撮り溜めした番組を見ながら、編み物をする。

編み物はお裁縫ほど散らからない、場所を取らないから気楽で好きだ。

 

大掃除はもっと腰が回復してから・・・そう思うことにした(←ダメじゃん!)

日々のつぶやき / 20:10 / comments(0) / trackbacks(0)
花と腰とおでんの夜

♪クリスマスがもうすぐやってくる〜♪・・・と、

竹内まりやさんのこの歌を聴くと気分が出るねー、と毎日家族で言い合う季節になった。

あちこちで見かける飾り付けにも気分は上がるし、

お花屋さんでのポインセチアの鉢植えにもそそられる。

でも大きいものはちょっとなあ・・と思っていたら、

とても小さな可愛い苗を見つけた。

オットが長年使っていたマグカップ、

ヒビが入って使用中止にしたけれど、捨てがたくてとっておいたものに

ぴったりのサイズ。

食卓に飾った。

 

 

たまにやってしまうことがあるのだが、二度寝して寝過ごした。

大びっくりで家族を起こしながら自分んも必死で身支度。

通常通りに家族を送り出せた時には本当に心の中で神様に感謝した(無宗教だけど)。

 

通常、私は早くに目が覚めてしまうことが多くて、ほとんどアラームを使用していない。

念のためにセットはしてあるのだが、鳴るとうるさくて、さっと止めてしまう。

今朝はその音で目が覚めたこと自体、普段とは違っていたのに、さっと止めてまた瞼を閉じたのがいけなかったのだ。

なんのためにスヌーズはあるのか、という話である。

スヌーズ機能はしっかり使おうと今日はしっかり心にメモしたつもりだ。

 

とはいえ、家族的にはいつもの朝だったのだ。

私はいつも家族より早く起きて、とりあえず一人の時間を楽しみ、心身ともにまあまあ目覚めさせてから、家族を起こすことにしている。

その家族を起こすべき時間に今朝は、自分も起きてしまったわけである。

トイレと洗面所が大渋滞して不自由だったということ以外には、特に問題があったわけではない。

 

けれど家庭の主婦にとって、朝の手順の狂いはかなりその日の調子を狂わすことに繋がり、気分がなかなか落ち着かなかった。

やはり朝の一人時間が私には必要なんだと痛感する。

しかもやたらに眠い。

ついでながら、とはいえないぐらいに腰も痛い。

ここまで痛いとかなりの気力を削がれてしまう。

大掃除どころじゃ、やっぱりないなー。

 

けれどお天気が良く、昨日オットと二人で選んで買った花の苗たちが気になるので、ダウンを着込んで庭に出て、せっせと苗の植え替えをしてしまった。

夏に植えたハイビスカスやポーチュラカ、インバチェンスなどは葉も随分減って痩せ細って見えるが枯れてはいない。暖かな場所に移して世話をしてあげればこの冬を越して、また来年の夏に咲いてくれるかもしれない。

できる限り一緒にいようと、そっとそれらをプランターから掘り起こしてポットに移し(どうしても根は痛めてしまうだろうけれど・・・)、代わりにジュリアンやビオラ、ネメシア、ミニバラなどを植える。

土に触れていると心がとても和んで、落ち着いてゆく。

花がとても愛おしくなる。

夢中で小さな庭の花の中に埋もれて過ごしていたら腰痛はますます悪化したが、心はとても穏やかになった。

 

前から呼びかけていただいていた案件を進めるために、先輩にお伺いのメールを送り、お返事をいただいて友に相談する。

さらに先輩にお返事を返して、そのお返事をいただき日程を決めて、友に伝える。

そんなやりとりだけであっという間に小一時間。

時間てこうして過ぎていく。

 

夕方、サクサクと大量に大根を切り、出汁を作って大きなお鍋で煮始めた。

味が染み込みにくいこんにゃくもボンボン入れておく。

昨日の夜から息子に、明日はおでんが食べたいです、と頼み込まれていたのだ。

娘も息子もおでんの中では大根が好きで、こんにゃくが大好き。

仲の良い姉弟がこの時ばかりは微妙な空気でライバル関係になるのを防げるように、どちらももうたくさですと言えるくらいに大量に煮込む。

2時間半後に息子が帰ってきた時には、家中に良い香りが立ち込め、お鍋の中にはどっさり具の入ったおでんがいい感じで煮えていた。

こういう時は私も嬉しい。

ニコニコの笑顔になる息子。

冷え切って帰ってきた娘も大喜び。

熱い、美味しい、熱い、美味しいを繰り返しながら食べている顔を見ると腰痛も和むような。

 

どうにも眠くてたまらない、そんな1日ではあったけれども、その割には頑張れたかも、だった。

 

日々のつぶやき / 23:55 / comments(0) / trackbacks(0)
クリスマスがやってくる

心配していた二日酔いによる頭痛はなかったけど(昨夜のお店はイケメン好きの幹事さんが探したお店で、イケメンばかりの素敵な洋風居酒屋であり、珍しいほどなみなみとグラスに注いだワイン飲み放題の良いところだったけれど、ワインのアルコール度数が9度くらいのものだった。そのおかげで大して体に残らなかったらしい)腰はかなり悪化している・・・それはそうでしょうね・・・

本日はおとなしく過ごすことにした。

 

とは言ってもクリスマスツリーの飾り付けに追われる。

我が家のツリーはどどーんと2メートル。

リビングは吹き抜けてるから高さ的には問題ないけど、

その高さのものの木の広がりを考えていなかったのは迂闊だったと、

毎年夫婦で後悔している・・・。

ま、見栄えするからいいか。

狭い家の中ではどどーんすぎるツリーがあると狭さ倍増だけど、

期間限定の忍耐をすることに家族でなっている。

昨日買った、雪の結晶のライトがやっぱり素敵。

外で見かける、テーマと色が統一されたオシャレで大人可愛いツリーに憧れている。

我が家のツリーは色もテイストもバラバラすぎて雑然とした満艦飾状態。

でも、一つ一つに思い出があり、家族皆のお気に入りがあるので、

これでいいかなと思うのだ。

 

ツリーの飾り付けで立ったり座ったりしていたらまた腰痛が悪化した。

いい加減ちゃんと養生しないとやばい。

明日からの三日間は家から出ないことにする。

日々のつぶやき / 16:25 / comments(0) / trackbacks(0)
朝から晩まで

腰が痛いと言っているのに、港北のIKEAに出かけて歩き回ってきた。

バカである・・・・。

 

IKEAに行くのは久しぶりだったのだが、やはりとても楽しかった。

特に家具を総取っ替えする予定とかはないのであるが、家族で、「あ!こんなのがいい!」「これいいね!今度はこれにしよう」なんて言い合いながら歩く。

お目当はすでに我が家に一台あるソファ用の1990円のテーブルで、ソファが二個あるのだからやはりもう一個必要だよね、と前から言っていたので、それを見つけてカートに入れた時点で、早々に用は済んでしまったのだが、かなりゆっくりたのしんで見て歩いた。

ハンガーを買い足したり、トイレブラシ199円のセットを買ったり、ついつい細かなものを買ってしまう。

 

中でも予定外に買ったのはこれ。

イルミネーション。

雪の結晶のパーツとコードは別売り。

展示されて輝いていた雪の結晶のライトが可愛くて綺麗だったので眺めていたら、

店員さんが別売りなのでご購入の際は合わせてください、と注意してくださった。

雪の結晶のモチーフ好きなので、

無駄遣いであろうともこれは欲しいと購入。

 

 

朝、オットが息子に「IKEAに行くぞ!」と言ったら、

「すき家?」と息子が聞き間違えて喜んだので、

可哀想だからと昼食はすき家へ。

美味でした。

 

IKEAは広く、ぎっくり腰を患う人間がさまよっていい場所ではなかった。

後半、実はかなりヤバイ感じがしていて、限界を感じたのだが、食事でしばらく座ったり、一旦帰宅して休んでから夕方、さらに今度は三軒茶屋に一人出かける。

息子のクラスのお母様たちとの飲み会である!

ワイン飲み放題で思い切り弾けました・・・・腰と頭痛の明日が心配。

でも楽しかったなー。

日々のつぶやき / 23:55 / comments(0) / trackbacks(0)
しばしの休息

そろそろ大掃除を始める時期だ。

家中の窓のサッシの掃除を結構適当にしかしてこなかったことに対する後悔の念が、胸をじわじわ侵食し始めている。

他にも、日々の慌しい生活の中で適当に出し入れを繰り返した挙句、乱れてきているクローゼットの中とか、枯れたもの、伸びすぎたものがごっちゃになった庭の手入れとか、相変わらず巨大なまま元気に暮らしている金魚たちの水槽の掃除とか、悔やんでいるものはいっぱいあるわけで、もういい加減にそれらときちんと向き合わなくてはならない。

 

ものには何事にも勢いというものがあると思う。

私が不意にお裁縫したくなったり、編み物したくなったりする衝動も勢いなら、出不精なのに、アレヤコレヤと人と約束して出かけてしまうのも勢いであり、日々の食事の支度や、子供の学校との連絡帳のやりとりに書き込むのだって勢いなわけで、それがないと何とも動きづらくて苦労するのだ。

大掃除には大掃除の、とびっきりの勢いがある。

その衝動はまさしく神がかり的なものだ。つまり大掃除の神様がきてくださるまで、動く気にはなれない、動き出せない。

かくて、神待ち状態なまま、仕方なく駅前まで出かけて振り込みをしたり、買い物をしたりして過ごした日なのだった。

まあまあ、休息にはなったからよかった。


ドラッグストアで、ぱっと見、可愛いコスメを眺めるのが好き。

そしてレブロンのクレヨンリップを私様に、

セザンヌの可愛いアイシャドーパレットを娘に購入。

そういえばもらった、と息子がこんな可愛いシールをくれた。

一昨日出かけたすみだ水族館でいただいたらしい。

シンプルで単純な、愛嬌たっぷりのペンギンたち。

館内案内図の裏面。

緻密なクラゲの描写が素敵。

私も息子のツアーに紛れ込みたかったな。
 

日々のつぶやき / 20:15 / comments(0) / trackbacks(0)

<< New   /   Old >>